あなぶき興産

資料請求

来場予約

スペシャル対談

スペシャル対談

天満屋 倉敷店 店長 岸本彰治 × あなぶき興産 岡山支店 支店長 佐柳和憲

天満屋倉敷店ゆかりの地に誕生する邸。|「倉敷天満屋センター街駐車場跡地」再生プロジェクト 邸宅&ホテル複合という新たな着想の開発を、この掛け替えのない地で。| NEW RESIDENCE PROJECT

倉敷市民愛着の場所に、まなざしを集める象徴的な邸宅、誕生。あなぶき興産初の「マンション・都市型ホテル複合開発事業」始動。

倉敷で長い歴史を築いてきた天満屋。その誇り高い歴史を継承していくあなぶき興産。
大規模プロジェクトに寄せるそれぞれの想いを存分に語っていただきました。

倉敷の皆様のご要望にお応えすることが第一。

岸本 :
天満屋はおかげさまで今年、創業190年を迎えることができました。ここ倉敷では、1964年(昭和39年)に開業し、地域の皆様に愛されて55年目を迎えます。旧天満屋倉敷店では特定のカテゴリーに絞って商いをしていましたが、ご縁があって2008年に今の倉敷駅前に移転しています。
佐柳 :
私共あなぶき興産は、1988年に倉敷初のマンションを販売させていただき、年間約2棟のペースで今では1770戸・30棟の供給実績があります。 倉敷の皆様のご要望にお答えする住まいとは何かと常に考え、その場所に適した価値あるマンションをご提供させていただいています。
岸本 :
百貨店業界も同じで、地域のご要望にお応えすることが第一ですね。
倉敷店は、弊社岡山店と商圏が同じこともあり、岡山店とは異なる商品、より広い売場スペースで寛いでお買物をしていただくなど、お客様との関係づくりを大切にしたコンセプトで展開しています。今回のマンションのコンセプトは、どのようなものですか。
佐柳 :
私が岡山に着任した6年前の当初から「THE倉敷」と言えるこの場所を取得したいと思っていました。まず考えたのは、この土地の可能性を最大限に追求していくことです。旧天満屋倉敷店跡地という誰もが知るこの場所に、この街の歴史を息づかせ、倉敷の方々が贅沢な日常を謳歌するための邸宅。訪れる人々の記憶に残り、いつまでも愛され続けるマンションを届けたいと考えました。
佐柳 :
倉敷美観地区との連動を意識した「モノクロームモダン」が外観デザインのコンセプトです。美観地区の白壁・なまこ壁に代表される景色に溶け込む洗練された意匠です。またエントランスホールは、2層吹抜の格調高い空間に仕上げ、大原美術館の古典様式のオマージュとして現代的な風格と美観を表現しています。

生涯お付き合いする姿勢で、常に地域に貢献できる存在でありたい。

岸本 :
倉敷らしさを追求したマンションとして誕生するのですね。私たちも、この10年で地方百貨店の役割の変化を感じています。倉敷ならではの商品を求めるお客様が増え、シフトチェンジしていかなくてはいけない。かつてのプライベート・ブランドではなく、地元ならではのコンセプトのあるマーチャンダイジングを付加していく事が重要です。また1次商圏のお客様のコミュニケーションの場になるよう、例えば待合わせの場所として、趣味の異なる方々が集う場所としての百貨店でありたいと思っています。
佐柳 :
マンション開発においても、街の活性化は重要です。当社の「地域にいかされ生きる」という理念のもと、この土地を最大限に活かすため、あなぶき興産として初、都市型ホテルとの複合開発事業としました。美観地区内にある「旅館くらしき」を経営しているノウハウでホテル需要があることを感じており、地域に貢献できるのではないかとの結論に至りました。
岸本 :
天満屋としましても今回、私たちグループでの初の取り組みとして、このゆかりの土地の活かし方を熟慮しました。今後、倉敷の皆様に何ができるのか、これから一緒に関係を築き上げていければと思います。このプロジェクトの良さをお客様と満喫できるよう取り組みを考え、ご要望があれば連携して環境の良さを享受できる場所にしていければうれしいです。
佐柳 :
どんな開発をするにしても立地を変えることはできません。私共もこういった希少価値のある土地と出会い、地域の皆様に喜ばれるプロジェクトを今後も展開していきたく思います。不動産は売って終わりではなく、当社は生涯おつきあいしていくという姿勢です。「不動産価値の最大化」を図ることが、お客様にとっても生涯にわたり価値あるものだと思っております。

天満屋と、あなぶき興産。分野は違えど、倉敷とこの街に住む方々への深い想いは同じ。
地域に根ざしたこの大規模プロジェクトが今、暮らしを一新します。

※掲載の建物完成予想CGは、図面を基に描き起こしたものに、CG加工を施した周辺の街並み画像(2018年12月撮影)を合成したもので、実物とは多少異なる場合がございます。又、行政官庁の指導または施工上の都合により、設計・設備・仕様・色調等の変更 がある場合がございます。予めご了承ください。

ページトップへ戻る

あなぶき興産マンションギャラリー 営業時間/10:00~18:30 定休日/水曜日、第2・第3火曜日 フリーダイアル/0120-532-154

  • TEL
  • 現地案内図
  • お問い合わせ
  • 来場予約
  • 資料請求

Live!

11月26日(木) PM8:51

本日の営業は終了いたしました。

明日は10時より営業いたします。
ご来場の予約は、フォームより受付しております。