あなぶき興産

キャンセル待ち受付フォーム

倉敷で物件をお探しの方アルファスマート倉敷堀南の物件情報

Staff Blog スタッフブログ

ゴールデンウィークについて!

皆様こんにちはemoji001
あなぶき興産の山路ですemoji019
 
今年も行楽シーズン到来emoji007
いよいよゴールデンウィークですねemoji017
皆様は既にご計画を立てられておりますかicons/10/sign02
 
今回はそのゴールデンウィークについて豆知識をお伝え致しますemoji019
 

ゴールデンウィークのイメージ画像

ゴールデンウィーク(大型連休)とは、4月末から5月初めにかけて多くの祝日が重なった大型連休期間のことです。昭和23年に祝日法が施行されたことにより、4月29日から5月5日までの1週間に祝日が集まりました。
GWと略式に表記されることもあります。

意味・目的NHKでは「大型連休」と呼ぶ

ゴールデン・ウィークには「昭和の日(4/29)」「憲法記念日(5/3)」「みどりの日(5/4)」「こどもの日(5/5)」が含まれます。これらの祝日と土日が上手く繋がることにより、1週間~10日間ほどの大型連休が発生します。ちなみに、私たちは「ゴールデンウィーク」と当たり前のように言っていますが、NHK(日本放送協会)ではこの名称を認めておらず「大型連休」と呼んでいます。

起源・歴史何故GWって言うの?

ゴールデンウィークは5月の連休を表わす言葉として日本で定着しています。その由来は2つあります。1つは日本映画界の造語であるという説。もう1つはラジオの「ゴールデンタイム」からきたという説です。
「日本映画界造語」説は、1951年に現在のゴールデンウィークにあたる期間に上映された映画「自由学校」が、正月やお盆時期よりヒットしたのを期に、より多くの人に映画を見てもらおうということで作られた造語だったということです。もう1つの「ゴールデンタイム」説は、大型連休の期間が最もラジオの聴取率の高い時間帯だったため「黄金週間」といわれていましたが、インパクトに欠けることから「ゴールデンウィーク」になったという説です。どちらの説もはっきりとした確証はなく、はっきりとした由来は分かっていません。
また、以前は休日が飛び飛びになることが多かったことから「飛び石連休」という言い方がなされていましたが、1985年の祝日法の改正で5月4日が休日になってからというもの、あまりこのようには言わなくなったようです。

行事日本の休日の縮図

日本では、ゴールデンウィーク・お・お正月以外に「まとめて休む」ということが難しい社会です。ヨーロッパ諸国やオーストラリアの休日は年間で約10日程度しかありませんが、有給休暇が日本の約2~3倍もあり、それらを個人のタイミングでとるため、休暇だからと言って交通渋滞などは起こりにくいそうです。更に病気や怪我以外に「遊び」という理由で休暇をとることはあたりまえで、1年間の有給は全て年内に消費します。日本のように、たまの連休で出かけても交通渋滞や人ごみばかりだと、休んだ気がしませんね。

 

皆様もゴールデンウィーク満喫して下さいねemoji014

アルファスマート浜ノ茶屋モデルルームはゴールデンウィーク期間中、5月2日(水)以外は

営業しております。

皆様の来場スタッフ一同心よりお待ちしております!

 

ご見学予約はこちらから ↓↓↓

 来場予約はこちら

 

資料のご請求はこちらから ↓↓↓

資料請求はこちら

ページトップへ戻る