あなぶき興産

DISASTER PREVENTION
防災

揺るぎない安全性と先進の安心。
求められる住まい品質のその先へ。

敷地内に防災倉庫を設置

将来を守るための備え、万が一の非常時を考えた備蓄設備を敷地内に設置。

  • 簡易トイレセット
  • 飲料水用ポリバケツ
  • 台車
  • 防災備蓄毛布
  • 折りたたみ担架
  • カセットボンベ
  • ガスパワー発電機
  • 非常用食品
  • 油圧ジャッキ
  • ブルーシート
  • 救急セット
  • 担架
  • 電池
  • 布テープ
  • 土のう袋
  • 保存用ビスケット 等

※上記内容は変更になる場合がございます。

image photo

災害積立金制度

非常時・災害時の対応のための積立金制度を設けています。

  • 非常用・災害用の備蓄品(道具・備品・非常食等)の購入・管理
  • 不測の事故その他特別の事由により必要となる修繕
  • 敷地や共用部等の変更(非常時及び災害対策に関する変更に限る)
  • 災害後の建物全体の保全状況等の確認・調査
  • 非常時や災害対策に関するコミュニティ形成活動

防災ガイドブック

入居される皆さまに、あなぶきハウジングサービスオリジナルの防災ガイドブックを配布しています。

地震対策玄関扉

地震で建物に影響が及んでも、一定レベルまでは玄関扉が開き、避難経路を確保できるよう配慮しています。

エレベーター

自動着床装置を採用しており、地震の揺れを感知すると、直ちに最寄階で停止してドアを開きます。

防災訓練

引渡し後には管理会社が主体となって、定期的に消防署の協力のもとで防災訓練を開催します。

非接触型エレベーター

新型コロナウィルス対策、これからの新しい暮らし方の形(ウィズコロナ)として住まわれる方の「未来・安心・安全」を考え、「アルファステイツ今里町」では非接触型エレベーターを採用しました。

新型コロナ対策のご提案
“エレベータ タッチレス”
ボタンを直接押さなくても大丈夫!!

〔非接触〕Tebraキー

Tebraキーを携帯していれば、ハンズフリーでエントランスのオートドアを解錠します。小さなお子さま連れや荷物が多く、両手がふさがっている時などにも便利です。

※参考写真
エレベータホール

TebraキーをTebra passリーダに認証させるとボタンを押さなくてもエレベータを呼び寄せる事ができます。

※参考写真

※1階エレベータホールで呼んだ場合は Tebraキーに登録している居住階に自動で向かいます。
※居住階のエレベータホールから呼んだ場合は1階に自動で向かいます。

エレベータ内

エレベータに乗場する方が複数おり、エレベータ前のTebra passリーダにて行き先登録ができなかった場合…

エレベータ内の非接触リーダにTebraキーをかざすとボタンを押さなくても居住階が自動で登録されます。

※参考写真

※エレベータかご内の非接触リーダは居住階のみしか登録できません。

かまどベンチ

「MAMORI no HIROBA」と名づけられた敷地北側の植栽スペースには、防災井戸に加えて「かまどベンチ」を3基設置。万一の災害など非常時には、憩いのベンチが炊き出し用のかまどとして便利に利用できます。

高松初採用

シェアリング防災宅配ロッカー

高松初採用 参考写真

宅配物の受け渡しのみならず防災機能を備えた宅配ロッカーです。リチウムイオンバッテリーを収納することにより災害時には通話や情報収集のためにも使用される携帯電話等の電源の確保を宅配ロッカーのみで確保できます。

「2019年グッドデザイン賞」受賞

ソーラーLED外灯

敷地内の外灯は、太陽光エネルギーを電気に変換し、バッテリーに蓄えて電源とするソーラータイプ。電気代がかかりません。照明は省エネ性に優れたLEDを採用。

汚れた水でも手動で飲料水に変えられる
「新のむぞうくん」を設置

万一の時に備えて、汚れた水を飲料水に変えることができる非常用浄水装置「新のむぞうくん」を完備。

“浸水リスク”が少ない立地

住まいを守る。暮らしを守る。将来に不安なく歩んでいく地に相応しい。ここが、新たな暮らしの舞台となる。

海抜約6.0m以上 ※高松市標高マップより抜粋

Live!

5月12日(水) AM8:57

本日、モデルルームは休業日です。

5月13日(木)、10時より営業いたします。
ご来場の予約は、フォームより受付しております。