あなぶき興産

カラーセレクト

備えて安心!地震対策

アルファステイツ高知城北

map

TEL

0120-777-381

僃えて安心!地震対策

地震や津波が心配!?・・・購入前に知っておきたい立地特性や耐震性のこと。 地震や津波が心配!?・・・購入前に知っておきたい立地特性や耐震性のこと。

今後30年以内に震度5以上の
地震が起きる地域

高知市の確率は2018年度発表自体で75%(2017年度は74%)

引用元[全国地震動予測地図2018年版](地震調査研究推進本部)

被害予想(高知県)

高知県がH18年に算出した南海地震の被害予想は以下のようになっています。

参照元:高知県HP「第2次高知県地震対策基礎調査」

全壊数:約93,000棟
死者数:約3,200人

被害予想(高知県)

高知県に関係する海溝型地震は南海トラフ地震(東海地震・東南海地震・南海地震)と日向灘および南西諸島海溝を震源とする地震です。地震調査研究推進本部によると、30年以内に地震が起きる確率は以下のように推定されています。

地震名 予想マグニチュード 30年以内の発生確率
南海トラフ 8〜9 70〜80%
安芸灘〜伊予灘〜豊後水道 6.7〜7.4 30%
日向灘プレート間地震 7.6前後 10%
日向灘プレート間地震の小さなプレート間の地震 7.1前後 70〜80%

南海トラフ地震はおおよそ100〜150年に一回の割合で発生していますが、ここ70年ほど発生していないので、そろそろ起きても不思議ではない時期に突入しつつあります。

万が一の時に備えてより安全・安心に暮らして頂くために私たちにできること

海抜3.6mの立地環境

アルファステイツ高知城北は海抜3.6mの立地環境。
住戸のある一番低層の2階は、地盤面から約4mあり、万が一浸水したとしても、海抜から7.6mの高さにあります。
住む人が安心して暮らして頂けるように設計されています。

津波浸水深0.3m未満

建設予定地である、この万々エリア周辺は、最大クラスの地震を想定したハザードマップで、津波浸水深0.3m未満、また津波到達時間は60分以上となっており、以南地域に比べて、被害が少ない事が予想されます。

高知県防災マップハザードマップより(2018年6月現在)

[最大クラスの地震] 津波浸水深0.3m未満

[最大クラスの地震] 津波到達時間60分以上

高知県防災マップハザードマップより(2018年6月現在)

耐波性に優れた建物配置

アルファステイツ高知城北の1階部分は吹き通しのあるピロティ形式なので、津波の受ける波圧(波の圧力)が小さくなります。戸建てや賃貸マンションには無い建物構造です。

外力に強い耐震性・耐久性

建設地が軟弱地盤の場合でも、強固な地盤まで杭基礎を打ち込むことで、安定した基礎構造を造ることが可能です。また、構造体には圧縮に強いコンクリートと引張りに強い鉄筋とが一体となった「鉄筋コンクリート造ラーメン工法」を採用しています。

火災の拡大を防ぐ耐火性

津波火災によって発生した、燃焼漂流物などが流れてきても、コンクリートが耐火壁の役割を果たすため、津波火災の拡大を防止します。

※掲載の空撮写真は現地周辺を撮影(2018年3月)したもので、一部CG加工を施しております。

※人物写真・イラストは全てイメージです。