住宅ローンに頭金はどれくらい入れるべき?

みなさまこんにちは。

アルファスマート丸亀中府マンションギャラリー
販売担当の山田です。


だんだんと温かくなってきた今日このごろ。

花粉症の私にとっては少し辛い日々が続きます。。。

モデルルームに来られた際、大きなくしゃみをするスタッフがいたら
私だと思ってください。。。



さて、今回は住宅購入にまつわる大事な『お金』の話
をさせていただきます。


よくお客様で
「頭金」はどれくらい入れたほうがいいでしょうか?
もしくは
「頭金」はどれくらい貯めておくべきでしょうか?

こういった質問をよくされます。


答えは1つではなく、
お客様それぞれに適した答えがあると思ってください。


それを前提にお伝えしますと、
下記の要素を連動して考えてほしいと思います。


①頭金を出しても、万が一の時の余力が残っているかどうか。
⇒出せるだけ出してしまうと、急な出費に対応できないことがあります。

②現在の住宅ローンの低金利を、念頭に置くべし
⇒今の家賃生活をしながら、月々3万円ずつ貯蓄をし、3年後に100万円貯まりました。
しかし、この間金利は上昇。たった0.2%の金利の上昇でも、貯めた100万円の頭金は
水の泡に・・・なんてことも十分ありえます。

③住宅ローン控除を踏まえ、長期的な返済計画を立てよう!
⇒目先の支払い計画だけではなく、繰上返済や、金利上昇時の対処等、
いろんなケースを長期的な視点で計画を立てることが重要です。
 今は住宅ローン控除といった制度もあり、還付や控除も受けられる可能性があります。


つまり大事なのは
『頭金の額』のみを重要視することではなく、
長期的な計画を立てたうえで、総合的に安心できる資金計画を立てることです。

特に今は、住宅ローンの金利は1%を切っている商品もあるタイミングです。
住宅ローンよりも金利が高い他のローンを借りるよりは、
住宅の頭金はできるだけ抑え、他の買い物に頭金から捻出したほうが
利息軽減の面では賢い選択だといえます。


私たち販売担当は、ただマンションをご案内するだけではなく、
皆様の「住宅とお金」についても、専門的なアドバイスができればと
思います。


ご来場いただいた際はぜひ
いろんな悩み、将来の展望をお聞かせください!

 

 現在来場予約キャンペーン中!!


資料請求はこちらから!