あなぶき興産

STAFF BLOG

スタッフブログ

スタッフブログ

津波対策について

皆様、こんにちは

あなぶき興産です。

 

今回のブログでは、本物件「アルファステイツ中前川町Ⅱ」津波対策について

ご案内いたします。

近い将来、南海トラフ地震が発生すると想定されており、

四国を中心に、東日本大震災のような最大クラスの地震、津波が危惧されております。

徳島市では、東日本大震災の被害の大きさから、

防災マップの見直しが行われました。

住宅に関しても、被害を最小限に抑えられるような対策が推進されています。

 

「アルファステイツ中前川町Ⅱ」では津波による浸水リスクを考え、

津波に備えた立地、設備となっております。

(徳島市ホームページ、地震津波防災マップより抜粋)

(黄色は浸水1m~2m、オレンジ色は2m~3mを表しています)

 

徳島市地震、津波防災マップのデータによると、

徳島市屈指の文教区である助任エリアでは津波浸水想定が2m~3mに対して、

本物件の建設予定地では1m~2mと予想されております。

また、「アルファステイツ中前川町Ⅱ」は2Fから住戸が施工されており、

地表から2Fの床部分まで約3.4m以上ありますので住戸への浸水リスクも軽減されています。

人気の助任小学校区でありながら津波による浸水被害にも、

比較的安心な立地環境と言えるでしょう。

 

 

もし津波が来た場合、多くの集合住宅で修理が必要となる可能性があるのが、

キュービクル」という設備です。

キュービクル」とは、集合住宅などの隣にある上写真のような箱型の施設で、

電力会社の変電所から供給される高電圧の電気を、

ビルや住宅で使用できる低い電圧に変圧する設備のことです。

津波などで浸水した場合、修理をしないと建物内で電気が使えなくなってしまいます。

多くの集合住宅ではそのまま地面に設置することがほとんどですが、

「アルファステイツ中前川町Ⅱ」では下写真のように、

浸水しないよう地表から高い位置に設置しています。

(イメージ写真:アルファステイツ中吉野町Ⅱ※実物とは異なる場合があります。)

 

そのため、津波などによって一帯が浸水したときでも、

被害を最小限に抑えやすくなっております。

 

  ------------------------------------------------------------------------

弊社はコロナウイルス対策としまして、モデルルーム

でのご案内は1組様ずつ、時間を分けて行っております。

 

また、完全予約制でのご案内とさせていただいておりますので

モデルルーム見学ご希望の方はフリーダイヤルまたは

下記アイコンにてご予約くださいませ。

  ------------------------------------------------------------------------

 

emoji034資料のご請求はこちらから

 

emoji036来場のご予約はこちらから

 

 

お問い合わせ

▲▲ 電話番号タップで電話がかかります ▲▲
  • 来場予約
  • 資料請求

売主

販売提携(代理)

電話する
お問い合わせ
来場予約
資料請求