あなぶき興産

スタッフブログ

学区について

こんにちはicons/07/happy01今週のブログ担当吉村ですicons/04/paper

今週は、普段お客様のご案内時にもよくお話させて頂く学区について書かせて頂きます。

マンションの販売をしていると『学区の評判はいかがですか?』とよく聞かれることがあります。私も小学生の娘が2人(天使のようにかわいい)いますので気にしてしまう親の気持ちよくわかります。いじめはないのか、学級崩壊などないか、先生の評判は等・・・

ただ冷静に考えてみると、学区がいいと言われている学校に行けばいじめはないのかというとそうではないでしょうし、子供たちは全員がおとなしくていい子なのかというとそうではないと思います。授業のカリキュラムだって大きく違わないのでしょうしsmiley-frown

『学区がいい』ってどういうことでしょうか?

私は学区がいいということだけを理由に住宅を買う場所を決めるのはどうなんだろうと思います。将来子供に『あなたの為にこの場所に住んだんだよ』というプレッシャーを与えたくないですし、いい学区に行けば全員がいい学校に進学できるわけでもないでしょうし。

私自身の子供が小学生になって今現在すごく感じていることは子供が何かに本気になったときにその本気にできるだけ応えてあげられる環境を用意しておくことの方が大事だということです。

私の娘は最近流行りのダンスを年中のころからやっており4年生になった今も一生懸命やっています。ただ、東京都の西のはずれに住んでいるため、よりよい環境、よりよい先生のレッスンを受けようとすると新宿、原宿、渋谷などになってしまうので通える日はかなり限定されてしまいます。本人はやる気があるのにそれに応えられる環境にない状態です。

そういう情報量の集積される場所ってやっぱり中心部なんですよねicons/07/coldsweats01

脱線しましたが、単純に学区、学区とこだわりすぎず、中心部へのアクセスのしやすさ等を考えたほうがよっぽど教育環境にはいいはずです。笹原の周辺が地元の方にお話をお伺いすると子供のころは自転車で博多、天神によく遊びに行ってたそうです。

つまり、中心部に集積されている最先端の情報に思う存分ふれられるのです。

私はこんなにいい環境の立地がこの先も今のままの価格でとどまるとは思いません!

長くなりましたが、1年、2年住んだら次という賃貸とは違いますので長い目で住まい探しをとらえて頂ければと思いますicons/04/punch

単純に設備仕様などの話だけでなく、もっと大事なことを含めて提案しておりますので是非今現在住まい探しをされている方はマンションギャラリーにお越しになってください!!

皆様のご来場お待ちしておりますicons/07/confident

このページの先頭へ