あなぶき興産

アルファステイツ住吉
お問合わせ
資料請求
来場予約
MENU

スタッフブログ

精霊流し

こんにちは。

あなぶき興産のオサカです。

8月も早くも後半に突入しましたね。

皆様お盆はどのように過ごされましたか?

 

今回のブログでは長崎のお盆の伝統行事「精霊流し」をお伝え致します。

 

毎年8月15日に行われる精霊(しょうろう)流しは、

盆前に死去した人の遺族が故人の霊を弔うために手作りの船を造り、

船を曳きながら街中を練り歩き、

極楽浄土へ送り出すという長崎の伝統行事です。

 

 

各家で造られる船は大小様々。材料は主に竹、板、ワラ。

長く突き出した船首(みよし)には家紋や家名、町名が大きく記されます。

船の飾り付けには故人の趣味などを反映させたり、

町内合同でもやい船を出したりと、8月になると細部の飾り付けにまで

こだわった様々な造りかけの船が路上に多く見られるようになります。

「チャンコンチャンコン」という鐘の音と、「ドーイドーイ」の掛け声、

耳をつんざくほどの爆竹の音が鳴り響きます。

 

私も初めて見学してきました!

耳栓が必要なくらい爆竹がずっと鳴り響く賑やかな行列に

衝撃を受け、ただただ圧倒されました・・・

お盆は厳かな雰囲気で先祖を弔うという概念が覆されました。

派手に、賑やかに船を流すことで

故人への弔いの気持ちを表すという文化だそうです。

長崎独特の文化をしっかり肌で感じられた行事でした!

 

 

この精霊流しの期間、道路は通行止めや一部規制があります。

精霊流しへのアクセスは路面電車が便利です。

「アルファステイツ住吉」は住吉電停まで徒歩1分です。

日々の通学・通勤はもちろん、

行事やイベントへのアクセスが良いのはうれしいですよね!

 

早くも最終期となりました。

まだご案内できるこの機会にぜひモデルルームにお急ぎください。

 

お問い合わせはこちらまでicons/10/downwardleft

 お問合わせ

 

スタッフ一同、皆様のお越しを心よりお待ちしております。