ライフステージ別
調査報告

ライフステージ別調査報告

ファミリーライフステージ

FamilyLife Stage

ファミリーライフステージ

家族が笑って暮らせる未来。
生活の基盤となる住まいで夢を叶える。

ライフスタイルによって購入動機もいろいろ

ライフスタイルの変化によって住まいに求めるものも変化します。家族構成・お子さんの成長など。 「結婚を機に」「子供の為」、、、家族という軸を中心に、それぞれの時期に必要な用途に応じて住み替えを検討される様です。

Case1 結婚を期に Case2 妊娠・出産を期に Case3 就学・独学

お客様の声

  • 決めたのは、お手頃な価格!

    決めたのは、お手頃な価格!

    お互い実家生活でしたが、結婚を機に住まいを選びをスタート。最初は貯蓄もないので賃貸を考えていました。マイホーム購入なんて、現在の収入では手が届かない、夢で終わるんじゃないかって...けど、たまたま目にしたチラシで月々のローン支払い額が、賃貸住宅の家賃と同額だったことに驚き。将来の事も考え、同じ金額なら早い段階で購入した方が老後も安心だと思い、購入を決意しました。私達は共働きで一緒の時間が少ない為2人の時間を大切にしています。 (Kさん 30代 ご夫婦 新婚・夫婦共働き)

  • 賃貸じゃ叶わなかった。子供と3人の理想の住まい

    賃貸じゃ叶わなかった。子供と3人の理想の住まい

    夫婦2人暮らしではちょうど良かった住まいも、妊娠を機に手狭に感じ、住み替えを検討。賃貸で探してみるも、間取り・通勤時間・学校区と希望が叶う物件がなかなか見当たらず途方に暮れていたところ、希望条件を満たした新築分譲マンションが今の家賃と変わらない価格で買えると知り、思い切って購入を決めました。子供が産まれる前に移り住む事ができて、ほんと良かった! (Hさん 30代 3人家族)

  • もしもの時、妻や子供に残せるものが欲しかった

    もしもの時、妻や子供に残せるものが欲しかった

    マイホーム購入の機会を逃し、賃貸マンションに住み続けていましたが、いくら払っても何一つ残らない現状に焦りを感じました。あと何年かで子供も独立。年齢的にローンを組むなら今しかない!そう心を決めたところ、ちょうど希望の物件に出会いました。「もしも」に備えて団体信用生命保険に加入。妻や子供に残せるものができて、安心しています。 (Gさん 40代 家族4人)

今が買い時!?

理由1前代未聞!超低金利継続中 - 住宅ローン -

景気が回復すれば金利は上がる。 だったらラストチャンスは今!?

財形住宅融資金利の推移

金利は、国の景気対策を背景に住宅着工戸数の動向と共に変動してきました。現在の金利水準は過去の動向から見てもまだ低いものでありますが、政府の景気改善対策を受け、今後はさらなる低下を予想するのは困難と思われます。

金利1%の違いで、支払額がこんなに違う!

金利が上昇した場合の支払額(月額)の変化

住宅ローンの金利が1%上昇するとどうなる?

例えば、1,900万円を借入れる場合(35年返済、ボーナス返済分なし)、金利が1%上昇すると、月々のお支払い額が10,182円も増えることになります。

景気回復にともなって、金利も上がります。

理由2頭金を貯めるのは本当に得策か?

例えば、Aさん夫妻の場合

理由3マンション購入=安心を買う。 団体信用生命保険

団体信用生命保険ってなに?

団体信用生命保険(通称「団信」と言われています)は住宅ローンの返済途中で死亡、高度障害になった場合に、本人に代わって生命保険会社が住宅ローン残高を支払う制度です。

団体信用生命保険

家族のことを考えて、「マンションを購入するなら今!!」とご決断される方が増えています。

  • アルファージャーナル
  • 住まい選びのサポート
  • あなぶきの住まい情報 facebook