ライフステージ別
調査報告

ライフステージ別調査報告

セカンドライフステージ

SecondLife Stage

セカンドライフステージ

定年・子供の独立…
「第2の人生」こそ自分の為に楽しみたい。
だからこそ、「持ち家を手放してマンションへ」
選択が増えています。

戸建てからの住み替えが多い理由

定年退職間近、または定年を迎えた50代~60代の方が持ち家を手放しマンションを購入される方が、近年増加しています。子育てを終え、「第2の人生」をスタートさせる時期。今まであまり意識をしていなかった「マンション」がこの年代の方に見直され始めています。中でも多く見られる「持ち家を手放してマンションへ」というニーズ。その背景には、老後の不安が大きく関わっている様です。

住み替えの理由

一戸建てにお住まいの方の不安や悩みグラフ

現在、一戸建てにお住まいの方に不安や悩みをうかがったところ、建物の維持管理を負担とされている方が多くみられました。また、一戸建ての場合、中心部から離れた立地に位置する場合が多く、「車が不可欠な場所では老後の買い物・通院が不安」という声も。
また、「夫婦2人暮らし」のニーズが高まっているのも近年のセカンドライフの特徴。子供家族との同居より、夫婦2人で気兼ねなく暮らしたい。「第2の人生」を自分の為に楽しもうとされる方が多い様です。
駅に遠くメンテナンスに負担がかかる一戸建てより、コンパクトで利便性の高いマンションを終の棲家とする傾向は、今後ますます強くなると思われます。

お客様の声

  • そろそろ妻に、楽をさせてやりたい

    そろそろ妻に、楽をさせてやりたい

    以前は両親が残してくれた戸建てに住み、草抜きや庭の手入れ、就寝前の戸締まりなど、それなりに手間がかかっていました。それらは全て妻の「家事」に含まれ、これまでどれだけ妻に負担をかけてきたのだろうかと、仕事にかまけて家庭を顧みなかった自分が恥ずかしくなりました。定年を目前に「妻孝行」のつもりでこのマンションを買って、本当に良かったと思っています。 (Oさん 50代 ご主人)

  • 老後はバリアフリーマンションで

    老後はバリアフリーマンションで

    持ち家があるのですが、段差があり、動線が悪く、暮らしにくさを感じていました。リフォームも検討しましたが、病院通いが必要になった時のことを考えると、中心部での暮らしがいいだろうと、マンションを購入。バリアフリーだから快適そのものだし、マイカー無しでも困ることはありません。週末は街の暮らしを楽しんでいます。 (Fさん 60代 ご主人)

  • もっとラクに、セカンドライフを

    もっとラクに、セカンドライフを

    ちょっと前まで、マンション生活なんて考えてもみませんでした。でも、二人きりだと庭の手入れや車の運転など、日常のことを全部しないといけなくて。もっとラクに老後を過ごしたいと思ったんです。ここは、繁華街より落ち着いていて都心にも近いし、情緒豊かな街並みもある。大きな病院にも近く、とても住みやすそうだったんです。都心に近いので気になるのは防犯面でしたが、オートロックや防犯カメラといった設備も万全で、安心。これから先の毎日が楽しみで仕方ありません。 (Fさん 60代 ご主人)

  • アルファージャーナル
  • 住まい選びのサポート
  • インテリア研究所